オンラインカジノで稼ごう!

★★★  最新のオンラインカジノのニュースをあなたにお届けします  ★★★
オンラインカジノで稼ごう! TOP > 2012年08月
-別アーカイブ  [ 2012-08- ] 

<< 前- |  2012-08-  | 翌- >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012/08/21 【海外記事】マカオのカジノ、入場規制21歳以上に引き上げ

これでマカオのカジノも欧米とほぼ足並みが揃ったというところですね。
シンガポールも同様に21歳未満は入場禁止ですね。


マカオ、カジノの年齢制限引き上げへ、11月から

マカオ政府観光局によると、2012年11月1日からカジノに入場可能な年齢が
引き上げられる。現在は18歳以上であれば入場できるが、同日以降は21歳
未満の入場が禁止される。「カジノ入場者規範及び就業とカジノの条件に
関する法案」が立法議会を通過し、行政長官の承認待ちとなっているため。

新法案はカジノ経営者に対して入場者全員のパスポート検査などを義務付け
るものではないものの、21歳未満の入場がカジノ場内で発覚した場合、掛金
や受領金の全額がマカオ政府の公庫に入るほか、違反者は1000パタカから
1万パタカ、カジノ側には1万パタカから50万パタカの罰金が科せられるという。

【2012年8月20日 Travelvision】


スポンサーサイト
[ 2012/08/21 20:58 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/20 【海外記事】i-Phoneでオンラインカジノ!?イギリスで開発

iPhoneの英国ユーザーは、近い将来、実際のお金を賭けてスロットマシン・ゲームが
できるようになるとのことです。


リアルマネーで勝負 – iPhone向けカジノアプリ、英国市場で人気

本物のお金をつかって勝負できるiPhone用カジノアプリがまたひとつ増えそうだ。

このゲームアプリは、米ビッグフィッシュゲームズ(Big Fish Games)が開発した「Big Fish Casino」のカスタマイズ版で、オンラインでのギャンブル(賭け)が合法化されている英国向けに用意されたもの。賭け金などの決済は、ビッグフィッシュと提携する英ベタブル(Betable)が行うことになるという。

英国ではすでにベットフェア(Betfair Group)やウィリアム・ヒル(William Hill)といった企業からiPhone向けギャンブルアプリが出されており、ベタブルでもビッグフィッシュのほか複数のゲームメーカーとリアルマネーを賭けるゲームの投入に向けた協力を進めているという。またソーシャルゲーム大手のジンガ(Zynga)も7月に、来年前半にリアルマネーを使うゲームの投入を計画していることを明らかにしていた。

オンラインのギャンブルゲームを利用しているユーザーは、すでに多くの現金をゲーム内の仮想通貨につぎ込んでいるが、これからは賭けに勝った分を現金で受け取ることができるようになる。ユーザーはクレジットカードの番号を使って賭けを行うことになるという。

この話を採り上げたBusinessweekでは、モバイル端末経由のオンラインカジノ市場規模が2011年の約200億ドルから2017年には1000億ドル程度まで成長するとするジュニパー・リサーチ(Juniper Research)の予測を紹介している。

また、米国でもすでにカリフォルニア、ネバダ、ニュージャージーといった一部の州でオンライン・ギャンブルの合法化に向けた動きが検討されていることから、ゲーム開発元にとっては今後さらに大きな機会が生まれてくる可能性が高いとの指摘も見られる。

【2012年8月16日 WirelessWire News】
[ 2012/08/21 20:57 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/20 【海外記事】William Hillのラスベガス契約


William Hillのラスベガス契約

ネバタ州ゲーミングコミッションからのゲーミングライセンスを取得して1ヶ月も経たない、イギリスのオンライン、ランドベース・ゲーミングの巨大企業、William Hillは、ラスベガスのプラザホテル&カジノとモバイル・スポーツベッティングとベッティング・キヨスクを提供するという契約を結んだ。

このライセンス取得後、William Hillが先日発表していた、2008年以来プラザホテルアンドカジノで開催されているLucky’s Race とSports Bookを運営するAmerican Wagering IncorporatedとBrandywine Bookmakingの買収とレーシングとスポーツブックを運営するSierra Development Companyの買収を合計約530万ドルで完成させた。

この新しい契約で、William Hillはプラザホテル&カジノのゲストに対して、最近リリースされた新バージョンのiPhone, iPad, Android と Blackberry 端末対応のアプリで、ネバタ州において唯一承認されている、モバイルスポーツベッティング・アプリへのアクセスを提供する。

【2012年8月6日 i-GAMING】 (記事提供元)
[ 2012/08/21 20:57 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/16 【お知らせ】ワイルドジャングルでジャックポット約600万円!

ワイルドジャングルのファンタスティック4でマーベル・ジャックポット炸裂!!
日本人プレイヤーが60,720ドルのジャックポットを獲得されました!
その速報とインタビュー記事です☆


wild-300x211.jpg


一撃 60,720ドル!!ジャックポット

またまた出ました!
ワイルドジャングルカジノのジャックポット速報です。

2012年8月14日 T.I 様
ファンタスティック4で 60,720.25ドルのジャックポットを
獲得されました。

★2回目のジャックポット専用150%ボーナスをご獲得されてわずか40分
★ジャックポット獲得賞金額は、60,720.25ドル!

T.I様おめでとうございます☆
それでは、早速T.I様のインタビューの内容をご覧下さい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1. ジャックポット絵柄がそろった瞬間のお気持ちを教えて下さい。
>感動です。 あ、本当にこんな高額のがくるんだ…と。 ちょっと、ぼーっとしてました。

Q2. ジャックポットを獲得されましたことは、どなたかにお知らせされましたか?
.  その反応はどうでしたか?
>フェイスブックで友人に。 「マジで?」と返ってきました(笑

Q3. 獲得されました賞金の使い道はお決まりでしょうか?
>貯金です。

Q4. 可能でありましたら、ご職業をお教え下さい。
>IT系サービス業です。

Q5. オンラインカジノ以外で、ご趣味はありますか?
>パソコン、読書、ランニングです。

Q6. ワイルドジャングルでお気に入りのゲームは何ですか?
>マーベル・ジャックポット系が好きです。

Q7. 実際のカジノにいかれた事はございますか?
>ありません。

Q8. (前質問で、はいの場合) どこのカジノですか? 戦績はいかがでしたか?

Q9. オンラインカジノ暦をお教え下さい。
>3年くらいです。

Q10. 週にどのくらい、オンラインカジノを楽しまれますか?
>3日~4日です。

Q11. オンラインカジノのプレイで、なにかジンクスや攻略法などはお持ちですか?
>パソコンの前に金運の御守りを置いてます。

Q12. ワイルドジャングルカジノのホームページを見ている方々に一言お願い致します。
>こつこつとやっていると、必ず良い目が見られると思います。 とにかく、回すことですね。
>一時期運気が落ちたかな、と思ったのですがあきらめなくてよかったです。

Q13. ワイルドジャングルカジノ、カスタマーサポートチームや 当カジノへ今後のご要望など、一言お願い致します。
>いつも、手厚いサポートありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

T.I 様、本当におめでとうございました。

Wildjungle Casinoは、すべてのお客様のご幸運を祈っております。



wildj.jpg


[ 2012/08/21 20:57 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/16 【お知らせ】8月のスペシャルボーナス!◆ジャックポットシティ


ジャックポットシティカジノのプロモーションも絶賛継続中です☆

2つの特典で、楽しさ2倍!

jackpot0806-300x136.jpg



Jackpot City は2つの特典を用意して待っています。

これを見逃すのはもったいない!

特典 1:  スロットトーナメントへのフリーエントリー

いつ?   2012年8月
どこで?   あなたのゲームソフトウエア
どうやって?   ログインして無料の $1000 トーナメントに登録

今すぐプレイ!

特典 2:  200% のボーナスを最大200まで!

• 2012年8月27日までに ログイン
• “プロモーション” ページへ
• デポジットをして申し込む

……以上です!


logo-jpc-en.gif




[ 2012/08/21 20:56 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/08 【海外記事】フェイスブック、イギリスでビンゴゲームを開始

Facebookで実際にお金をかけたビンゴくじができるようになったみたいですね。
しかし、日本からはできないようです。

米フェイスブックが英国で賭博サービス開始、収益改善狙う

米フェイスブックは7日、賭博企業ゲームシスと提携し、加入者向けに英国でオンライン賭博のサービス提供を開始した。ギャンブル初参入により、伸び悩む収益の押し上げを狙う。

ゲームシスは同日、18歳以上のフェイスブックユーザーを対象に英国で「ビンゴ」サービスを開始した。勝者には実際に現金が支給されるとしている。

ゲームシスはまた、仮想スロット賭博についても、今後サービスの提供を開始する計画としている。

フェイスブックは声明で「英国では現金賭博が人気で、かつ規制も行き届いており、当社の成人ユーザーに対し、安全かつ抑制の利いた方法でゲームを提供することを提携企業に許可する」と明らかにし、賭博サービスに関するゲームシスとの提携を確認した。

同社の広報担当、リンダ・グリフィン氏は、現時点で英国以外でのサービス提供やゲームシス以外の企業との提携は検討していないと述べた。

またゲームシスとは収入を分配することで合意しているとしたが、その割合についてはコメントを控えた。

同日終盤の米ナスダック市場で、フェイスブック株はおよそ4%下落している。

【2012年8月8日 ロイター】


[ 2012/08/21 20:56 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/06 【海外記事】Zynga、リアルマネーギャンブルゲームを開発


Zyngaリアルマネーギャンブルゲームが「開発中」、2013年頭予定


120306z00.jpg


悲惨なQ2収支報告を受け、株式の40%下落したオンライン・ソーシャルゲームの
巨大企業Zyngaは、2013年上半期にリアルマネー・ギャンブルゲームを開始させる
意向を発表した。

投資家と分析家へのプレゼンテーションで、ZyngaのCEOであるPincuc氏は
「私たちは最初の商品を開発中で、我々がライセンスを取得できることが条件で、
法整備がされ開かれている市場へリリースする予定である。」と述べた。

Pincus氏はそれ以上の説明はせず、このトピックに関しての質問を受けた際、
「今、我々がどのようにリアルマネー市場へ参入するかという詳細は公表しない。
我々のライセンス取得を条件としていることは明らかである」と述べた。

Zyngaは主にフェイスブックのプラットフォームでのフリーソーシャルゲームを
専門としており、以前この案件に関して軽く触れたこともある。Pincus氏は
ゲーミング産業をZyngにふさわしい産業だと発言していたが、参入への決意を
疑う者もいた。

Zyngaは、OngamePokerNetworkの買収に興味を示していることや、Playtech と
GTECH G2を含む、既存プラットフォームからの入札も考慮していることが報告
されている。

【2012年7月25日 PokerFuse】  (提供元記事)



[ 2012/08/21 20:55 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/06 【ニュース】 ハウステンボス、カジノ船運航の狙い

オーシャンローズのカジノ営業の狙いは、ハウステンボスでのカジノ誘致にあるようですね。
「ハウステンボスをラスベガス風のカジノリゾートに・・・」楽しみですね。

29032012145018.jpg


狙いは日本園内への誘致

ハウステンボスが公海上でカジノ営業を開始

カジノ営業へ船出である。大型リゾート施設ハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市、澤田秀雄社長)の子会社、HTBクルーズが運航する国際旅客船「オーシャンローズ」が7月25日、長崎市と中国・上海市を結ぶ航路の公海上でカジノの営業を始めた。

9階ある船内フロアのうち、5階の約300平方メートルにカジノを開設。スロットマシンやルーレットなどを完備している。日本、中国以外の第三国のカジノ事業者が運営し、HTBクルーズの関連企業にテナント料を納める。航路は片道28時間半。このうち10時間程度でカジノを営業できるという。

HTBはパナマ籍の中古船を購入して日本の法律に触れない公海上でのカジノの運営を計画。今年2月29日、「オーシャンローズ」が就航した。とはいえ、スタート時点ではカジノの営業を見送っていた。最初の便は濃霧の影響で長崎発が20時間遅れ、上海発が2時間遅れとなるなど厳しい船出となった。1便300人の利用が目標だったが、目玉のカジノがないことから、平均乗客数は140人と低迷した。

そして、5月末から7月19日にかけて船内を改装。25日の運航再開からカジノが利用できるようになった。

日本国内でのカジノ営業は禁じられているが、国内法が及ばない公海上でなら営業は可能だ。「オーシャンローズ」はパナマ船籍で、HTBクルーズが設立したパナマの現地法人が所有。公海上ではパナマの法律が適用され、カジノの営業ができる。ただ、日本の領海を航行中はカジノコーナーを閉鎖する。

カジノ船の本当の狙いはHTBへのカジノ誘致にある。カジノ合法化をにらみ、運営のノウハウを蓄積するため、公海上でカジノの営業を始めた。

カジノ誘致に名乗りを上げている自治体は、東京都、大阪府、千葉県、沖縄県などがあるが、HTBにカジノ誘致を目指す長崎県では、官民一体の運動が他都県よりも一歩先行している。

誘致の音頭を取っているのが西九州統合型リゾート研究会(会長=前田一彦・佐世保商工会議所会頭)で、長崎、福岡、佐賀の3県を中心とした156法人・個人で構成されている。同会では6月11日、HTBで定期総会を開いた。出席した超党派の国際観光産業振興議連会長の古賀一成衆院議員(民主党、比例九州)は、同議連がまとめたカジノ合法化のための法案「カジノ区域整備推進法」を今国会に提案する意向を明らかにし、HTBはカジノ設置の有力候補との見方を示した。

同研究会のカジノ誘致構想では、HTB内のホテルヨーロッパに富裕層向けのカジノを設ける。家族・一般向けには、園内に新たに10階建て1352室を備えたカジノホテルを424億円かけて建設し、1万3000平方メートルのカジノフロアを2階~地下1階に設ける構想だ。中国、台湾、韓国からの旅行客を中心に関西以西の国内組も含め、年間500万人の集客と2544億円の経済波及効果を見込んでいる。

カジノ誘致を主導しているのがHTBの澤田秀雄社長(61)。格安旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)、格安航空会社スカイマーク(SKY)を起業したベンチャー起業家の、次なる挑戦がカジノだったのである。

HTBは10年4月、HISの傘下に入った。HISの創業者である澤田氏がHTBを引き受けた狙いがどこにあるのか、当初は、まったく見えてこなかったが、やがて、その意図が明らかになる。HTBへのカジノの誘致である。

カジノを核にホテル、ショッピングセンター、コンベンションセンターなど総合リゾート施設を整備し、海外を含めた客を呼び込み、地域経済を活性化する。シンガポールやマカオでのカジノの隆盛を受け、ハウステンボスをラスベガス風のカジノリゾート施設に生まれ変わらせるつもりなのだ。

澤田氏は園内に居住して陣頭指揮を執っている。HTBの2012年3月中間期決算は、営業利益が11億1800万円となった。初めて黒字化した前年同期の4倍の利益が出た。入場者数は87万5300人で0.4%の微増だったが、新アトラクションの導入などによって客単価が8242円へと2割伸び、売上高は24.0%増の72億1500万円。HISによる再建支援を機に佐世保市から認められた、再生支援交付金を加えた税引き後の利益は2.3倍の16億1800万円になった。これで12年9月通期決算は増収、増益が確実である。

澤田氏はHTBの業績好転、公海上でのカジノ営業と着実に手を打ち、国内でカジノが解禁になれば、ただちに走り出せる態勢を整えた。

しかし、カジノ誘致に強烈な逆風が吹きつけている。大王製紙の御曹司、井川意高前会長が子会社から引き出したカネをカジノにつぎ込んだ事件のせいである。ギャンブル依存症の怖さをまざまざと見せつけ、カジノ合法化への風当たりが強まった。

井川前会長が東京・六本木の裏カジノにはまったように、実は大都会には裏カジノがどこにでもある。反社会勢力の資金源となっている裏カジノを根絶するためにも、カジノを合法化して、法律で規制すべきだという意見もある。

澤田秀雄氏はカジノ合法化に賭けた。カジノ船で一歩先をいくHTBだが、誘致の決め手になるのは政治力。東京都の石原慎太郎知事や大阪府の橋下徹・前知事(現・大阪市長)と渡り合って勝ちを収めなければならない。

【2012年8月3日 Business Journal】
[ 2012/08/21 20:52 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/01 【お知らせ】 8月の最新プロモーション◆ワイルドジャングル

【New!】 8月の最新プロモーション続々!◆ワイルドジャングル

ワイルドジャングルカジノのより、8月の最新プロモーションのお知らせです☆
2012年8月は、入金をせずに30ドルをリアルアカウントで獲得できるプロモーション
があります。 さらに、大好評のキャッシュバック最高1000ドル!




ワイルドジャングルカジノのより、8月の最新プロモーションのお知らせです☆


2012年8月は、入金をせずに30ドルをリアルアカウントで
獲得できるプロモーションがあります。
さらに、大好評のキャッシュバック最高1000ドルもあります。

2012年8月のお得なプロモーションのご案内です。



_/_/_/_/_/ 8月のプロモーション \_\_\_\_\_

1. 150%または100%のマッチアップボーナス – 上限500ドルで最高5回
【特別オファー限定:上旬・中旬・下旬のなんと三度の開催です】

2. 八月限定: 初回入金ボーナス100%でなんと上限500ドル!!

3. 大好評: キャッシュバック最高1,000ドル

4. 期間限定: コンプポイント 2倍 – 5ドルのベットで1コンプ

5. 八月限定: 特別サインナップボーナス30ドル!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



★ その1  150%または100%のマッチアップボーナス – 上限500ドルで最高5回】 ★

☆☆☆☆☆ 特別オファーメール受信者限定です。 ☆☆☆☆☆
注意: 本メールはマッチボーナスの特別オファーメールではありません。
注意: 100%または150%マッチボーナスのオファーメールは【特別オファー】という
.    言葉がメールの件名に含まれています。

◇開催期間(日本時間):
前半: 2012年8月02日午後1時 から 2012年8月09日午後1時まで
後半: 2012年8月12日午後1時 から 2012年8月19日午後1時まで
後半: 2012年8月24日午後1時 から 2012年8月31日午後1時まで
(※本プロモーションは、特別オファーメール受信者限定です。)

◇パーセンテージおよび上限金額:
ご入金額に対し100%または150%の最高500ドルのマッチボーナスを
以下の二つから選んで合計最高5回までご獲得です。

・100%マッチボーナス   ・ジャックポットスロット150%マッチボーナス

◇ご獲得条件/ご申請方法
期間中の20ドル以上のご入金に対して最高500ドルの150%または100%の
.  リアルボーナス! 更に、お引き出し以外で残念ながら残高が0ドルになられた
.  場合には 最高で合計5回まで、ご獲得いただけます。

※全てのご入金方法が対象です。
※ご入金後ご遊戯開始前に、当サポートまでチャット・メールにてご連絡下さい。
(ご連絡頂きましたら、手動で進呈させて頂きます。)
(※残高ご利用後、後からご申請いただいても進呈できません。)
※カジノソフトのチャットボタンが消えているなどチャットで連絡できない場合には、
.  メールにてご申請下さい。
※最低賭金条件は (ご入金額+全ボーナス額)×15(または20)です。
※普段はボーナス不要設定の方でもご獲得できます。
※詳細に関しては特別オファーメールをご確認下さい。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

★ その2 【八月限定: 初回入金ボーナス100%でなんと上限500ドル!!】 ★

初めてのご入金限り入金額に応じて初回入金ボーナスを差し上げておりますが
ご入金額に対して100%にあたる金額分(上限500ドルまで)の実際にお引き出し
可能なリアルボーナスのご獲得が可能です。

*=========================================
既に リアル口座をお持ちでまだ一度もご入金を頂いていないお客様限定です。
*=========================================

◇期間(日本時間): 2012年8月1日午後1時 から 2012年9月1日午後1時 まで

◇パーセンテージおよび上限金額:
ご入金額の100%(ご入金額と同額)の実際にお引き出し可能なリアルボーナスを
なんとボーナス上限金額500ドルまでご獲得いただけます。

◇ご注意点など
※このボーナスを獲得された場合には最低賭金条件が発生しそれをクリアするまで
入金額を含め1ドルもお引き出しいただけませんのでご注意下さい。
※「初回入金ボーナ100%(なんど上限500ドル)!」をご獲得され、規定のゲームで
. 入金額とボーナス額の合計の18倍をベットし最低賭金条件をクリアすると獲得した
. ボーナス分の金額を含め全てのお引き出しができます。
(賭金条件をクリアしないと入金額を含め1ドルもお引き出しいただけません。)

例:(入金$500+ボーナス$500)×18=$18000

※「初回入金ボーナ100%(上限500ドル)!」をご獲得されますと、最低賭金条件の
. クリアまで、禁止ゲームはご遊戯できません。
※禁止ゲームは、ライブを含む全てのルーレット、バカラ、シックボ^、クラップス、
. ブラックジャックスイッチ、ブラックジャックサレンダーです。
※最低賭金条件をクリアする前に 【禁止ゲーム】 をご遊戯された場合は ボーナス金
. 及び勝ち金、換金したコンプポイントは、没収されます。
※詳細に関しては別に送信されるこのボーナスに関する特別オファーメールをご参照下さい。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

★ その3 【大好評: キャッシュバック最高1,000ドル!】 ★

対象期間中に残念ながら1,000ドル以上お負けになられてしまったお客様へ お負けに
なられた金額の10%(最高1,000ドル)を 現金でキャシュバックさせていただきます。

◇対象期間(日本時間):  2012年8月1日午後1時 から 2012年9月1日午後1時まで

◇ご獲得条件
・残念ながら1,000ドル以上を負けてしまわれたお客様が対象です。
※「入金額」と「引き出し額」の差額(入金ベース)、か「ペイアウト金額合計」と「ベット
.  金額合計」の差額(ベットベース)、のどちらか小さい方の金額を、お負けになられた
.  金額とします。
・ベットベース金額の計算方法:
ペイアウト金額合計 – ベット金額合計 – コンプ換金額合計 – 獲得ボーナス金額合計
・入金ベース金額の計算方法:    期間中の入金額合計 – 期間中の引出し額合計
※計算例    ベットベースでの計算結果 2,000ドル
.          入金ベースでの計算結果  1,200ドル
.                   ↓
.          入金ベースでの金額が対象となり、10%の120ドルがキャッシュバックされます。
※本プロモーションはご申請の必要はありません。
.  2012年9月1日午後8時(日本時間)以降に進呈されます。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

★ その4 【期間限定: コンプポイント 2倍 – 5ドルのベットで1コンプ!】 ★

通常は、合計10ドルお賭けで1ポイントのところ、 期間中はなんと5ドルで1ポイントです。

◇期間(日本時間):  2012年8月18日午後1時 から 2012年8月25日午後1時まで

普通にただゲームをしているだけでポイントがどんどんと貯まっていくから気がついたら
結構貯まっているのです!  換金したらちょっと嬉しい気分も味わえますね。
もちろんコンプからの換金なので、条件なしの現金チップです。

◇コンプポイントからリアルマネーへの換金方法
.    カジノソフト「キャッシャー」ページ
.            ▼
.       「クラブポイント」ページ
.            ▼
.          「換金する」
. これで、貯まっている全コンプポイントが現金チップとしてカジノ口座へ反映されます。
. (換金の時、一ドルに満たない端数はそのままポイントとして残ります。)

・コンプポイントとは?
.  complimentary(英語)の略で「無料」という意味があります。Wildjungle でゲームした
.  全ベットに対しコンプポイントが貯まり、いつでも換金してカジノ口座への加算が可能です。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

★ その5 【八月限定: 特別サインナップボーナス30ドル!】 ★

入金せずに、30ドルをリアルアカウントでご獲得!!

◇ご獲得条件:

A、リアルアカウントをまだご開設いただいていないお客様
*=====================================
※既にリアルアカウント開設済みの方が再度の登録は出来ません
*=====================================
開設方法は簡単です!今すぐご登録ください!

B、2012年8月1日午後1時までにリアル口座を登録されて、今までに一度もご入金がなく
サインナップボーナスなどもまだ一度もご獲得いただいてないお客様
*=====================================
チャットまたはメールにて「リアルとファンの口座ID」をご連絡下さい。
*=====================================
ログイン情報をお忘れの場合は、メールでお問合せ下さい。
直ぐにお知らせさせていただきます。

※この無料ボーナスでプレイされてお勝ちになった場合には、勝ち金は、お引き出しいただけます!

● 勝ち金を引き出すための条件 ●
30ドルのボーナス自体はお引出しできませんが、勝ち金はお引出しできます。
1. $300以上を除外ゲーム以外のゲームでベットすること
2. 30回以上、除外ゲーム以外でベットすること
3. $30以上を初回入金し、初回入金ボーナスを獲得し、その条件をクリアすること
4. 除外ゲームは、ライブを含むすべてのルーレット、バカラ、クラップス、シックボ、
ブラックジャックスイッチ、ブラックジャックサレンダー、ビデオポーカー・スロットの
ダブルアップやギャンブルです。
5. 条件をクリアする前に除外ゲームをプレイしても、問題ありません。



ワイルドジャングルカジノは全てのお客様のご幸運をお祈り致します。

ご不明な点やご質問などがありましたら Wildjungle Casino 日本語
サポートまで お問い合わせ下さい。 365日24時間承っております。



wildj.jpg




☆ワイルドジャングルカジノの新規登録はこちらから☆








[ 2012/08/05 01:39 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/08/01 【海外記事】 ベトナムでも大型カジノ、自国民への解禁も

いよいよベトナムでも大型カジノ建設計画が進んでいるようです。
隣接するカンボジアでは、ベトナムとの国境近くにいくつかの
カジノがあるため、多くのベトナム人が利用しています。
これでは自国通貨が流出するだけなのでベトナムでも自国民に
超低レートで解禁すればいいと思いますが。



ベトナム人の国内カジノへの入場、許可を検討すべき時


ベトナムで最大のカジノとなる「MGMグランド・ホーチャム・カジノ」建設案件が、
東南部バリアブンタウ省で進行中で、来年2月にも一部がオープンする予定になって
いる。しかし、国内のカジノにベトナム人が入場することはいまだに許されていない。
30日付カフェエフが報じた。

その一方で、シンガポール、マレーシア、カンボジアなどのカジノに、ベトナム人客
が押し寄せるという逆説的な現象が生じている。今年5月、カンボジアに5つ星ホテル
とカジノから成る「ナガワールド」がオープンした。ホーチミン市に事務所が開設され、
ベトナム人向けの格安カジノツアーが繁盛しているという。

ベトナム商工会議所(VCCI)法制部のチャン・ヒュー・フイン部長によると、ベトナム人
の国内カジノへの入場は禁止されてはいるが、これまで実態調査が行われたことはなく、
外国のカジノに出かけるベトナム人の調査もされたことがないという。

ベトナム観光開発研究所のファム・チュン・ルオン副所長は、ベトナム人が外国のカジノ
に流れるのを防ぐため、国内のカジノへの入場許可を検討すべき時が来ていると主張
している。

【2012年8月1日 VIETJO】




[ 2012/08/05 01:39 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/07/30 【ニュース】 日本経済の復活について語る 世界のカジノ王

ラスベガス・サンズ社、アデルソン会長の特集記事を紹介します☆


世界のカジノ王が明かす日本経済復活の決め手 -ラスベガス・サンズ社会長兼CEO 

年間3000万人の外国人観光客が来る


東日本大震災から1年が過ぎた。いまの日本は、景気刺激策を実践する時期に
あると思う。2011年度、日本を訪れた外国人観光客数は約600万人である。
ちなみに人口520万人のシンガポールには約1300万人、人口56万人のマカオ
には2800万人の外国人観光客が訪れている。人口1億2800万人を有する日本は、
観光業に力を入れることで、景気を刺激していくべきではないか。

観光業は世界で最も大きな産業であり、日本には世界的な豊かな観光資源
がある。そして、外国人観光客を獲得するためには、国際会議場、展示場、
ミーティングルーム、ショッピングモール、美術館やシアターなどの
エンターテインメント施設、ホテル、レストラン、カジノなどで構成される
統合リゾートがカギとなる。

これが実現すれば、年間2000万~3000万人の外国人観光客を日本に呼ぶ
ことが可能と見積もっている。我々がマカオに統合リゾートをオープン
した当初、年間の観光客数は800万人だったが、この効果により観光客数
が劇的に増えて、2012年は3000万人を超えるだろう。今年4月、全5800室
のホテルを含む統合リゾート「サンズ・コタイ・セントラル」をマカオに
オープンしたが、この統合リゾートでマカオへの観光客がさらに増える
確信を持っているからだ。

「供給が需要を創る」。シンガポールにおいては、「マリーナ・ベイ・サンズ」
をオープンして以来、外国人観光客数は飛躍的に伸びていて、シンガポール
の新しいランドマークと言われるまでになった。シンガポール政府は15年
までに年間1500万人の観光客を目標に掲げているが、早期に目標を達成
するだろう。

統合リゾートを建設すれば、その国の観光客を増やすだけでなく、消費を
喚起し、雇用を創出する。「マリーナ・ベイ・サンズ」は、シンガポール
に世界中のミドルからハイエンド層の観光客を呼び、経済効果をもたらした。
雇用創出面でも効果大だ。マカオの「ザ・ヴェネチアン・マカオ」での直接
雇用は1万5000人であり、「コタイ・セントラル」のオープンによって、
さらに1万5000人から2万人の新規雇用を生む予定だ。

日本にはこれまで60~70回ほど訪れている。1980年代初めには、幕張メッセ
をつくる際に相談を受けた。当時の単なる埋め立て地が、いまは一大都市で
ある。このように幕張メッセがいかに千葉の経済に貢献しているかがわかる。

私は統合リゾートを日本につくりたいと考えている。東京と大阪で60億ドル
(約4800億円)規模の施設だ。二都市には、交通と観光のインフラが整って
いて、大型展示会の需要もある。この件で最近、橋下徹市長にも会った
ばかりだ。彼は統合リゾートについてよく理解している。しかしながら、
日本に統合リゾートが一つも建設されていないのは、カジノが法律で
禁じられているからだ。

シンガポールのケースを提示したい。○○年、シンガポール政府は法律を
改正し、カジノを合法化した。統合リゾートの重要性を理解したからで
ある。政府の判断が正しかったのは、その後の経済成長、観光客数増を
みれば明らかだ。カジノ解禁に反対する理由として、日本では治安面への
不安を挙げる声も少なくないと聞くが、現在のシンガポールの治安の良さ
をみると、何らマイナスの作用がないことがわかるだろう。

11年4月から12年1月までの10カ月間、カジノによってシンガポールに
もたらされた税収は9億シンガポールドル(約591億円)。11年、マカオ
のカジノ収入は2678億6700万パタカ(約2兆7000億円、前年比42%増)
に上った。マカオでは、税収の7割がカジノからのものだ。統合リゾート
によって、大勢の外国人観光客が日本に訪れ、雇用が創出され、新しい
税収が生まれる。我々は規制をクリアし、税金を払う。統合リゾートの
建設は日本が再び成長に転じるための大きなチャンスなのだ。

【2012年7月29日 PRESIDENT】






[ 2012/08/05 01:38 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/07/30 【海外記事】 韓国、海外カジノの参入受け入れに規制緩和

韓国もこれまでの自国のカジノ運営スタイルを見直す方向に向かっています。
国際競争に勝つために、時代に合わせたカジノの建設を目指すのでしょう。



外国人によるカジノ開設 韓国政府が規制緩和へ


外国人投資家が韓国の経済自由区域にカジノを開設する場合のハードルが
低くなる。観光業界によると、知識経済部は29日までにカジノ開設の
ための初期投資を5000万ドル(39億2200万円)に引き下げる
内容を盛り込んだ「経済自由区域内の指定および運営に関する特別法
施行令の一部改正案」を立法予告した。

これまでは外国人が経済自由区域にカジノをオープンしようとする場合、
3億ドル(235億円)を先に投資した後で許可申請することになっていた。

韓国政府は外国人投資家の負担を減らし、投資を活性化するために規制を
緩和する。カジノ開設を希望する場合、まず5000万ドルを投資し文化
体育観光部長官の事前審査を受けることになる。文化体育観光部長官は
60日以内に審査結果を投資家に伝える。

ふさわしいと判断された外国人投資家は、2億5000万ドルを追加投資
するなどカジノ開設に向けた手続きを進める。

【2012年7月29日 中央日報】




[ 2012/08/05 01:38 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/07/27 【ニュース】 日本初!長崎~上海間でカジノクルーズ運行

ハウステンボスの子会社であるHTBクルーズがついにカジノクルーズの
就航を始めました。「オーシャンローズ」という船はパナマ国籍で、日本
の領海ではカジノを閉鎖するようです。



長崎―上海航路で船上カジノ…HTBクルーズ


HTBクルーズ(長崎市)が運航する国際旅客船「オーシャンローズ」が、
長崎市と中国・上海 市を結ぶ航路の公海上でカジノの営業を始めた。

法務省によると、日中両国の領海内でのカジノ営業は違法だが、旅客船は
パナマ船籍で、公海上であれば問題ないという。

カジノは9階ある船内フロアのうち、5階の約300平方メートルに開設。
スロットマシンやルーレットなどを備え、海外企業が運営し、HTBクルーズ
の関連企業にテナント料を納める。航路の運航時間は片道28時間半で、
うち10時間程度でカジノを営業できるという。

5月末~今月19日に船内を改装。25日の運航再開からカジノが利用
できるようになった。

オーシャンローズは2月に営業運航を開始。1便当たり300人の利用が
目標だったが、平均乗客数は約140人と低迷している。

HTBクルーズは「乗客確保の起爆剤としたい」としている。

【2012年7月26日 読売新聞】




[ 2012/08/05 01:37 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/07/26 【海外記事】 韓国、クルーズ船カジノを認可

ここ最近のアジアのおけるカジノの解禁と規制緩和がめざましいですね。
日本はこのまま置いてけぼりをくらうのでしょうか?



韓国クルーズ船にカジノ、政府が認可推進へ


韓国政府が、日本や中国を行き交う韓国船籍のクルーズ船に韓国人、
外国人とも 利用可能なカジノの開設を推進することが分かった。
文化日報が伝えた。

先ごろ李明博大統領が主宰した内需活性化への官民集中討論会で、
政府と業界 はクルーズ船のカジノ認可問題を話し合った。政府は
当初、外国人専用カジノを 検討していたが、韓国人の利用も
認める方向に転換したもようだ。

最優先の経済懸案とされる内需活性化に向け、暮らしに余裕の
ある層の消費を 促進することが目的。国土海洋部関係者は、
中国人観光客の誘致効果にも期待を示した。

一方で、船上カジノの認可は関連法令の改正が必要となる。
また、青瓦台(大統領府)関係者は「韓国人が利用可能な
カジノは江原ランドが唯一という状況で、クルーズ船カジノの
認可は『特恵』と指摘されざるを得ない」と話す。射幸心を
あおり、ギャンブル中毒を誘発するなどの問題もあり、慎重
に取り組むことになるとした。

2月に就航した初の韓国船籍のクルーズ船にはカジノ施設が
設置されているが、認可が下りず運営されていない。

カジノが認可される場合、韓国船籍のクルーズ船就航が
相次ぐと予想される。

【2012年7月26日 NNA.ASIA】




[ 2012/08/05 01:37 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/07/24 【海外記事】 アジアのカジノ市場はまだまだ成長段階?!

OnlineCasino.sgとは、シンガポールのオンラインカジノ専門ポータビリティサイトのようです。
ここの見解によると、アジアのカジノ市場はまだ成長過程とのことです。しかし、近年のアジア
のカジノラッシュをみると、近く供給過多に陥るのではと考えます。



アジアのカジノ・セクターは力強い成長で地域の景気を支えると
OnlineCasino.sgが報告
.



OnlineCasino.sgが実施した詳細なリサーチの報告書は、域内経済を
主導する一部の国での景気の鈍化にもかかわらず、アジアのカジノ・
セクターが今後も力強さを示していくとまとめられています。

中国やインドのような国では近年に経済成長がやや鈍化しているものの、
アジアの2大ギャンブル・ハブとしてのマカオとシンガポールは好調が続き、
両国のカジノ収入と訪問者数は堅調を維持しています。

市場にはアジアの他の地域に新たなカジノのハブが形成される余地がある
とも、報告書は述べています。


域内のギャンブル・ハブは業績良好

 
この報告書は、中国本土とインドの経済成長が予想を下回っているにも
かかわらず、シンガポールの各カジノ市場が依然として活気を呈している
ことを報告しています。マカオへの訪問者は、そのほとんどが中国本土、
香港、台湾からという傾向があり、最近の増加ペースは以前より緩やかに
なっているものの、カジノ収入自体は堅調なペースでの増加を維持してい
ます。ウィン・マカオなどのカジノ事業者がマカオの新カジノに40億ドル
を投資するなど、マカオの見通しは堅調を保っています。

同様に、シンガポールの2大メガリゾートのカジノもオープン
(2010年と2011年)後の業績は良好で、GDPは大幅に増加し、
観光客数もそれぞれのオープン後の増加が明らかです。


将来成長の可能性

 
報告書はまた、アジアのカジノ・セクターは業界としてピーク
をつける状態からは遠く、大きな成長余地を持っているとも
述べています。シンガポールとマカオへの観光客のパターンを
緻密に調査したところ、この2つのギャンブル・ハブが効果的に
集客力を及ぼしていない地域がアジアにはいくつも残されています。

特に注目すべき点として、日本でのカジノ・プロジェクト案や
ロシアのウラジオストク港が大規模なカジノとして成功する大きな
可能性を持っていると報告書は判断しています。


輝かしい未来へ向けて

 
OnlineCasino.sgの詳細な報告書はアジアのカジノ市場を一連の
経済指標やその他の統計を使用して分析し、域内の経済見通しが
全体的にいくらか軟化しているものの域内のカジノ業界への波及的
影響は限定的であり、アジアのカジノは明るい未来を期待できると
結論しています。

【2012年7月24日 財経新聞】





[ 2012/08/05 01:37 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/07/24 【ニュース】 ウィリアムヒルでロンドン五輪の楽しみ方も倍増

人気選手や自国の選手を応援しながら賭けができるって
エキサイティングですね。 のめり込みすぎると危険ですが・・・



内村の「金」、ボルトより人気…英で賭け熱気


なで しこジャパンの金メダル配当倍率は4・50倍——。

あらゆることを賭けの対象にする 英国政府公認の賭け業者
「ブックメー カー」がロンドン五輪の各競技で予想配当を
出している。地元開催となった今大会は、これまでになく、
ファンの予想が熱気を帯びている。

ブックメーカー各社の店舗が並ぶロンドン市中心部の
リバプールストリート。1934年創業 の老舗で、英国
最大手の「ウィリアムヒル」の店舗には、午後5時過ぎ
から仕事帰りのサラリーマンらがひともうけしようと
やってきた。

店内には10台ほどのモニターが設置され、競馬やドッグ
レースが生中継されている。「F組の4か国では、なでしこ
が1番だよ」。店員がモニターを操作すると、10日時点の
五輪サッカー女子の配当倍率が表示された。

F組のどのチームが決勝トーナメントに駒を進めるかも賭け
の対象になっており、この場合、なでしこは1・73倍。
2番人気のスウェーデンの2・75 倍に差をつける。
しかし、金メダル予想 の1番人気は米国の2・62倍で、
なでしこは2番手の4・50倍と分が悪かった。

別の大手ブックメーカー「ピナクルスポーツ」の現時点の
配当倍率は、金メダルの期待が大きい体操男子個人総合の
内村航平選手が1・318倍。陸上男子100メートルの
世界記録保持者ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)の
1・820倍よりも期待が高い。

【2012年7月12日 読売新聞】


[ 2012/08/05 01:36 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/07/23 【海外記事】 シンガポール、世界第2位のカジノ大国となるか!?

マカオやラスベガスに比べ、シンガポールはわずか2軒のカジノ
しかない訳ですから、多くのハイローラーを抱えているということですね。

中国だけでなく、インドやアラブのビッグマネーが動いてるのかもしれません。



世界2位のカジノ大国へ シンガポール ラスベガス超え予想


シンガポールが米ラスベガスを抜いて世界2位のカジノ大国になりそうだ。
昨年の年間カジノ売り上げ は、シンガポールが57億米ドル(約4530億円)
でラスベガスの61億米ドルにわずかに届かなかった。

専門家は今年、シンガポールが65億米ドル、ラスベガスが60億米ドルと
なって順位が逆転すると予想している。現地紙チャンネル ・ニュース・アジア
などが報じた。トップはマカオだった。

シンガポールのカジノ売り上げはマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)と
リゾート・ワールド・セントーサの2カ 所のカジノ付き総合リゾート
からなり、中国をはじめとするアジアの新興国などから富裕層が訪れて
活 況が続いている。MBSの今年1~3月期の売り上げは前年同期比
45%増の8億4870万米ドル、うちカジノ部門は同51%増の
7億130万米ドルだった。

欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスはシンガポールのカジノ
市場について、2カ所に限定する ことで規制が行き届いているほか、
長期ライセンス制度が功を奏していると指摘。安定的な成長が期待
できると分析している。

【2012年7月23日 産経ニュース】




[ 2012/08/05 01:36 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)

2012/07/23 【ニュース】 「大阪都」がアジア最大のカジノ都市になる日

シリーズ 2020年の世界から見た2012年の日本7
~「大阪都」がアジア最大のカジノ都市になる日~


  

■今そこにある、アジアのカジノ競争


カジノ市場は2010年時点で全世界で1,090億ドル(1ドル=80円として
8.7兆円)もの産業であり、2014年までに年率9.3%で成長し、市場規模
は1,570億ドル(同12.6兆円)になると見込まれている *1 。その中でも、
特にアジアでは、2010年時点で320億ドル(同2.6兆円)の市場規模が、
年率23.6%で成長し、2014年までには630億ドル(同5.0兆円)になると
見込まれている。

アジアのカジノと言われれば、真っ先に頭に浮かぶのがマカオである。
マカオのカジノは19世紀に解禁され、すでに約160年の歴史を有する。
長い間一部の運営業者に運営権が独占されていたが、1999年、マカオが
ポルトガルから中国に返還された直後に、外資系企業の投資を解禁した
ことで、ベネチアン・マカオやウィン・リゾート・マカオなどの欧米系の
運営会社による投資が進んだことに加え、中国本土の経済成長とも
相まって、カジノ収益は大きく伸び、2008年にはラスベガスを抜いて、
都市別でのカジノ収益世界一となった。

その後も、収益は順調に伸び、2011年は約2,679億パタカ(2兆6,000億円)
となっている(カジノ運営以外の収益含まず)。全30ヵ所以上のカジノが
運営されるなど世界一のカジノ都市として不動の地位を獲得している。

また近年、急激な成長を遂げているのがシンガポールである。
シンガポールは、宗教上の理由によりカジノを認めていなかったが、
観光客数及び観光収入の停滞に加え、近隣諸国がカジノ解禁を検討
していることに危機感を覚え、
2005年にカジノ解禁を決定し、2010年から本格的な運営を始めた。

その効果については、マクロ環境などの他の要素の影響も存在する
ものの、カジノの運用が始まる前に960万人だった観光客数は、
2010年には、1,160万人に増加し、さらに2011年には、1,300万人
超となり、カジノの運用が始まる2009年と比べ、35%も増加している。
シンガポール政府は、2箇所のカジノを含む統合型観光施設で、直接
雇用35,000人、15億シンガポールドル(約940億円)の経済効果
(カジノ運営以外の効果含む)を目標としている。

マカオやシンガポールでは、カジノを含む複合観光施設の経済効果は、
大型ホテルやレジャー施設まで含めれば、少なくとも1拠点あたり
年間数百億円以上に及ぶ。こうしたマカオ、シンガポールをおって、
台湾やベトナムなどの近隣諸国もカジノ解禁を検討している。



■1施設あたり年間2,000億円の経済効果


仮に日本でカジノが解禁された場合、3,000億円超の事業投資
及び年間2,000億円程度の経済効果が見込まれている。具体的
には次のような効果がある。

① イニシャルで必要となる施設そのものへの建設投資や、
遊戯器具などの設備投資に伴う効果。具体的には前者は都市
開発を実施するデベロッパー、実際に建設を行う大手ゼネコン
を始めとする建設業界で、後者はすでに外国でのカジノ向け
遊具を販売している遊具会社やパチンコ遊具を販売している
産業が対象となる。

② イニシャルコスト以外にも日々のカジノ運営に加え、
その設備管理等のオペレーションに伴う効果。カジノ運営に
ついては、国内企業だけでなく外資企業の参入も必要となる
かもしれない。また設備管理については、ビルメンテナンス
等を行う産業が対象となると思われる。

③ カジノに付随した大型ホテルやレジャー施設、地域経済
への波及効果。例えば宿泊施設やレストラン、お土産屋、
交通機関などが考えられる。これらについては、地元のお店
に加え、新規参入も見込まれる。

すでにいくつかの自治体は、一定の前提を置きつつ、その効果
を試算している。例えば沖縄県は、仮に県内にカジノ施設を含む
統合型観光施設ができた場合、イニシャルでの事業規模は、建設
費用3,200億円、直接雇用13,000人を見込み、年間の収入(カジノ
運営以外も含む)を2,100億円と見込んでいる。これによる県全体
への経済波及効果は、合計で9,000億円、直接雇用者数は77,000人
(建設47,000人、複合観光施設運営30,000人)に及ぶと試算している。

また、東京都は、新規需要2,200億円、直接雇用14,000人程度を
見込んでいる。さらに千葉県は、大型の施設を建設した場合には、
イニシャルでの建設費用は3,600億円、その後5年間の経済効果は
1兆6,000億円、直接雇用者数は28,000人と見込んでいる。



■日本でカジノ解禁の議論は進むのか?


日本においても、2012年5月7日、外国人観光客誘致の切り札とする
ことに加え、東日本大震災の復興資源の捻出や地方自治体の財政再建
を進めるため、カジノを中心とした複合観光施設 *2 の導入により
観光復興を目指す超党派の議員により、カジノ設置を推進するための
法案がまとめられた。

超党派の議連は、今国会への法案提出を目指していたが、自民党内の
内閣・国土交通部会ではともに承認されたものの、民主党内の国土交通
部会では、「ギャンブル依存が増える」などの反対意見も根強く、結局、
今国会への提出は時期尚早、と判断された。

そのような状況ではあるが、今後、カジノに関する議論が活発化する
ことは必定である。そこで、これまでのカジノ解禁に向けた議論を
振り返ってみると、自民党政権時代から、活発化と中断を何度も繰り
返しながら議論されてきたことがわかる。

まず、2002年に「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」が
発足、2006年には自民党「観光特別小委員会」のもとに「カジノエンター
テイメント小委員会」が設立され、法務省や国土交通省、警察庁などの
関係省庁へのヒアリングを行うなど断続的に検討が進められてきた。

その後、中断期間を一時はさみ、民主党政権に移行した2010年には
「国際観光産業振興議連」(IR議連、通称カジノ議連)が民主・自民を
主にした超党派の議連として発足、民主党内にも内閣部門会議内に
「統合型リゾート・カジノ検討ワーキングチーム」が設立され、議論
が重ねられてきた。

以上のような経緯を経て、今回の法案では、カジノを含む複合観光
施設の導入に向けた推進本部を内閣府に設置し、法案成立後2年以内に、
カジノ解禁に必要な法体制を議論・整備することとなっている。

さらに立地については、地方自治体の申請を受け、国が指定することと
なっている。現時点では設立を望むすべての地方自治体が認められる
わけではないようであるが、これまでの議論を見ていると、当面は2~3
拠点から始め、その後の拡大余地は残されているようである。

このように設置拠点数は限られるものの、カジノに伴い大型ホテルや
各種レジャー施設が建設・運営されれば、これまでとは違った観光の目玉
になることに加え、地元への多大な経済波及効果も期待できることから、
その誘致に向けた地方自治体の誘致活動も自然と熱を帯びてきている。

例えば、東京都は、以前よりカジノ解禁に熱心であり、平成14年時点で、
「東京都都市型観光資源の調査研究報告書」を取りまとめるなど、精力
的に研究・誘致活動を行っている。また大阪市の橋下市長も、「任期中に、
(カジノ誘致に向けた)道筋を付けたい」と発言するなど、すでに積極的な
誘致準備活動を行っている。さらに東京都、大阪市以外にも、外国人観光
客に人気のある北海道や沖縄県、そのほかにも和歌山県や静岡県なども
独自に研究を重ね誘致を目指すものと思われる。



■国際競争力に懸念を残す日本のカジノ


カジノ解禁の主目的である観光復興のためには外国人観光客の獲得が
必須である。実際に近隣諸国のカジノ利用者の内訳を見てみると、
マカオの場合は9割近く、シンガポールにおいても6割近くが外国人と
なっており、カジノを観光の目玉として、観光復興を目指すためには、
まずは外国人観光客を獲得しなければならないのだ。

しかし、既にマカオやシンガポールがカジノ運営において世界的地位を
獲得していることに加え、台湾やベトナムなどの近隣諸国もカジノ解禁
を検討しているなかでは、これらの国々と競争し、より多くの観光客を
奪いとらなければならない。つまり、国際間の外国人観光客の争奪競争
にさらされているというわけである。

そのような中で、仮に日本がカジノを解禁しても、ただでさえ後発な
ことに加え、今後中間層や富裕層の大幅な増加が見込まれ主要な顧客
層となる中国人顧客に対して、マカオ・シンガポールに立地面及び言語
面で大きなディスアドバンテッジを抱えることになり、国際間の外国人
観光客の争奪競争に勝つことは容易ではない。

カジノで成功するには、カジノ及びカジノ以外の観光コンテンツにおける
”日本の独自性”を構築するとともに、出入国管理法制や交通インフラな
ど観光の利便性の向上についても合わせて、総合的に競争戦略を考える
ことが必要である。具体的には、ゲームの種類や配当比率などに加え、
個人の収益に対する税制などを含め、競合の近隣諸国に対し、競争力の
あるものにしなければならない。

また、カジノ以外にも、日本独自の観光コンテンツの充実による差別化が
必要となる。また観光客受け入れのインフラ面では、観光ビザ制度の見直し
や海外からの航空便の充実のための空港管理法制の見直し、空港からカジノ
までの交通インフラ整備などが必要となる。



■「大阪都」にカジノができる


そのような視点から、観光客の一大供給地である中国との位置関係や空港、
その他の観光客の受けいれインフラの整備状況、カジノ以外で外国人に人気
のある観光コンテンツである京都との隣接性や新幹線の利便性を勘案すると、
国際間の競争に勝つには、大阪が有力な候補のひとつとなると思われる。

与野党による大阪都構想法案の一本化を受け、「大阪都」の誕生が現実性を
帯びてくる中で、その象徴的意味も含めて、「大阪都」でカジノを特区的に
解禁することは十分にありえるオプションである。

いずれにせよ、カジノで国際間競争を勝ち抜くための改革を行うには、
所管官庁で見ても、出入国管理法制は法務省、税制は財務省、交通
インフラ・観光コンテンツは国土交通省・観光庁など複数官庁に跨がって
おり、一筋縄ではいかない可能性が高い。

カジノ解禁に伴う推進本部は内閣府に設置される見込みであるが、如何に
国際間の観光客争奪競争で近隣諸国に勝つかといった視点で、縦割り行政
ではなく、一元的な戦略的思考を持って競争戦略を構築する必要がある。

逆にそうしなければ、数年後には、近隣諸国との外国人観光客の争奪競争
に敗れてしまうだろう。カジノを訪れる顧客の大半が日本人というような
状況では、国内での富の移転が起きるだけという、当初の目的とは大きく
かけ離れた将来が待っていることになる。

「大阪都」がカジノ特区に乗り出すのであれば、素早く、そしてアジアの
諸都市に打ち勝つ、競争力のある構想を掲げる必要がある。2020年に
アジアNo.1カジノ都市になるためには、今すぐにアクションを起こさな
ければならない。残された時間の猶予はそれほどない。

【2012年7月23日 現代ビジネス】





[ 2012/08/05 01:36 ] カジノニュース | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Kei

Author:Kei
管理人のKeiです。
オンラインカジノのニュース情報をお届けします!

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。